BECAUSE I LOVE YOU-project“H”-

ヲトメのぶっちゃけ部屋、プロジェクト“秘密の花園”。25歳花盛り、盛っちまおうじゃないですか(≧▽≦)b
<< イロコイ | TOP | 田舎、庭付き一戸建て生活のすすめ >>
夢で逢いましょう
 夢って、つくづく不思議ですよね。
 
 
 よく、誰か知っている人が夢に出てきたら、それはその人が自分のことを思い出してくれているからだよ……って言います。
 芸能人が夢に出てくることもあるわけで、そのへんどうやって説明するんだよ? ってツッコミたくなりますが、ちょっと信じてみたい気もします。
 あたしのことを思い出してくれているんだな、って思うと嬉しいです。
 それが誰であっても嬉しいんですが、懐かしい初恋の君だったり思いを寄せている相手だったり大好きな友達だったり尊敬している人だったりすると嬉しさも倍増。
 そうだったらいいなって願いをこめて、信じたい俗説であります。

 夢というものは本当に不思議です。





 あたしの夢にやたら出てくる男の子がいます。
 仮に彼の名を“ジャイアン”とでもしましょうか。
 本当にジャイアンみたいなガキ大将です。
 小学校と中学校が一緒だったんですが、幼い頃男子トイレに連れ込まれたり(だから何をするというわけではなく、ただひきずり込むだけなんだけど)、ポカポカ殴られたり、あんまり彼絡みでいい想い出は残っていません。
 でも、めちゃくちゃ仲がよかったかといったら全然そんなことはないけれど、めちゃくちゃ仲が悪かったかといったら別にそうでもありません。
 あたしが生徒会書記に立候補した時、彼もなんかの委員長に立候補していて、選挙ポスターにジャイアンの絵を描いてあげたりしたこともあります。
 体格のいい男の子でした。
 野球部に所属していました。
 中学の時に野球部の顧問がこう言っていたのを思い出します。

「ジャイアンは……中学生とは思えないくらいめちゃくちゃ速い球を投げるけど、走るのは中学生とは思えないくらいめちゃくちゃ遅い」

 野球の名門校に推薦で進学して、野球部を辞めてしまって、推薦入学のプレッシャーから退学したとかしないとか、そんな噂を聞きました。
 中学卒業後、ジャイアンに関する噂はそれひとつっきりしか聞いていません。


 あたしは、どう考えてもジャイアンには惚れていません。
 ジャイアンも、どう考えてもあたしには惚れていません(推測ですが)。
 接点の殆どなかった彼が、度々笑顔で夢に登場することが、あたしには不思議でならないのです。
 あたしのことを思い出してくれてるとも思いがたいしなぁ。
 あたしも、夢に出て来さえしなければ普段全く思い出さないしなぁ。


 同様に、さほど仲良くなかった女友達が夢の中ではキーパーソン、なんてことも多々あります。
 そういえばそんなコいたけど、何で突然夢に出てきたんだろう、そういえばあのコどうしてるんだろう。


 自分も誰かの夢の中に出演してるんだ、なんて考えると、ちょっとどきどきしますね。
 誰かの1人の時間にお邪魔しちゃってるわけです。自分が。
 生きていくって、人と人との係わり合いなんだなぁって改めて思います。



 ……で。
 ジャイアンは今、元気なのかなぁ。





 本日、6月6日から今日までのブログを一気にアップしました。
 そのうち数日分はアップしてあったんですが…。
 パソコンに向かい合う時間がなくて、病院の待合室でノートに書いたり、電車の中でメモったりしてネタをためておいたのでした。
 一挙にアップするのはどうかと思うけど_| ̄|○
 お時間のある方はさかのぼって読んでいただけると嬉しいですm(_ _)m



応援クリック、ヨロヨロリ〜(>Д<)ゝ”

ロリポブログ テンプレートコンテスト エントリー中!
戯れてメランコリー | 19:27 | author 聖心清美 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
♪夢で もし逢えたら 素敵なことね
  あなたに逢えるまで 眠り続けたい♪

微妙にタイトルが違いますが、やっぱりこの世界でいきたいすよね。

「夢で逢たら」
私はオリジナルの吉田美奈子で知りました。
結構最近も、若い人がカバーしてCMで使われていましたよね。

 ジャイアン君、
人事ながら気になります。
2005/08/15 12:47 PM by ワン太朗
>ワン太郎さま

 わたしはRATS&STARで知りました。
 最近カバーしてたのはキンモクセイですね。
 原田知世も昔歌っていたような。
 沢山の人にカバーされているんですね。

 ジャイアンの実家は喫茶店だったような。
 まだ変わらずあるかしら。
 
2005/08/17 1:53 PM by きよ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック